化粧品を見直すことに決めた

生まれつき、顔の肌のキメが細かいらしい私。これは本当にありがたい話で、こんな肌質で生んでくれた両親に感謝です。 ありがたいことにキメが細かいので、これまでスキンケアについてもそれほど高いものを使わずに何とかなってきました。とはいえ、ドラッグストアのワゴンに積まれているような激安のモノではなく、CMなどでよく見かけるような国内化粧品メーカーの化粧水、乳液です。

同じものを5年間使っていたのですが、使い始めた当初は効果に満足していたものの、歳を重ねることで肌も変わり、少し無茶をすると顔色がくすんだり、毛穴が目立つなど、疲れが出るようになってきてしまいました。花嫁がこれではいかん!と一念発起し、ついにスキンケアを変えることにしたのです。

化粧品が好きな女性にとっては、デパートの化粧品売り場を歩き回ることは娯楽の1つになるくらい楽しいことなのでしょうが、私はそういうタイプではなく、化粧品売り場からはいち早く退散したいと思ってしまいます。 メイクに自信のあるきれいな美容部員さんに取り囲まれると、メイクに自信のない普通の私はとっても肩身が狭くなってしまうのです。

こんな私ですが、実は姉がおりまして、姉は割と化粧品が好きなようで、この辺りにもチョコチョコ出没しているようです。姉妹といえど趣味・嗜好は違うのです。 しかし、今回は泣き言なんて言っていられません。一生に一度の晴れ舞台を飾る「美肌」を作るために、私は堂々としていなければならないのです!

とは言ったものの、デパートの化粧品売り場では各ブランドごとにブースが分かれているので、どのブランドを選べばいいのかが良く分かりません。 そんな私が選んだのがショッピングモールなどにあるコスメショップです。ここなら一つの店舗の中に様々なブランドの化粧品が取り揃えられていますから、あれこれ試すことができる上に、美容部員さんの人数も限られています。

私にピッタリ!と思いながらショップに入るものの、やっぱりコソコソしてしまいます。美容部員さんに話しかけられないように逃げながら店内をうろつくと、昔、姉の部屋で見たことのあるブランドの基礎化粧品が並んでいます。思わず手に取り試してみると、化粧品独特の香りはしますが嫌な感じではなく、むしろ好みの香り。

でもちょっと高い! うーん、とテスターを眺めていると、ついに店員さんに声をかけられてしまいます。「どうですか?」と聞かれ、良いですね、と答えるのが限界。他に知っているブランドもなく、これ以上悩んでも無駄だと思い、そのままこのブランドの化粧品・乳液・美容液を購入することにしました。コスメ好きの姉が選んでいたのだから間違いないだろうと、訳の分からない確信を持ち、その日からいつもより高級なスキンケアが始まるのでした。

普段は仕事から帰り、夕食を済ませると、疲労のあまりメイクも落とさぬまま眠ってしまうことがありました。「ありました」というか、夜のうちにメイクを落とす方が少なかったかもしれません。 朝起きて、慌ててメイクを落とし、シャワーを浴びて仕事に行く、という生活がもはや日常になっていました。さすがに恵まれた肌質であっても、こんな生活を続けていたら毛穴が目立ち始めるわけです。

これではいかん!花嫁たるもの、毛穴を感じさせないほどの美肌を目指さなくては! そんな訳で、まず始めたのが「家に帰ったら顔を洗う」こと。えー?初歩的!と思う方も多いでしょうが、これが私にとっては何よりも大事なこと。万が一夕食後に寝落ちしたとしても、すでにメイク落としは完了しているので、肌に対する刺激は無くなっているのです。

ただし、洗顔後には必ずスキンケアをしますから、この方法の場合、帰宅後の洗顔後、夜の入浴後、朝の洗顔後、と合計3回も高級スキンケアを行うことになってしまいます。 一般的には夜の入浴後、朝の洗顔後の2回なので、それよりも1回多い私はスキンケアにより多くのお金をかけていることになります。

しかし、そんなことは二の次三の次。出費は痛いですが、生活改善することが結婚式を控えた私にとって何よりも大事な任務だったのです。寝落ちすることで、夜の入浴が朝のシャワーになってしまうことがしばしばあったので、それで多少救われたところもありました。 そんな生活をしばらくしていると、次第にメイク落としが日課になり、長時間メイクした状態でいることに不快感を覚えるようになりました。

そこでようやく夜の入浴でメイクを落とし、しっかりと浴槽に浸かるという普通のことができるようになり、肌の調子も体の調子も良くなりました。 「結婚式までの期間限定」と高級スキンケアを始めたつもりでしたが、1度使い始めるとなかなか止められず、結婚式後も結局そのままずっと同じブランドのスキンケア用品を使い続けている私。

そんな私が今、改めて思うのは、美肌に大事なのはズバリ「睡眠」。自分の肌に合ったスキンケア用品でしっかりとスキンケアをし、そして良く眠ること。これだけで肌のコンディションは確実に良くなると、今でも日々実感しています。 結婚式前になると、深夜まで作業することになったり、緊張から眠れなくなったりすることでお肌に疲れが出てくるかもしれません。せめて結婚式前夜くらいはゆっくり眠ることができるように、早め早めに作業を進めておきましょう。

とはいえ、どうしても結婚式直前までバタバタしてしまうもの。万が一、一睡もできずに結婚式の朝を迎えてしまったとしても、結婚式場にはメイクのプロがいるので大丈夫。そこは信頼して任せて下さいね。 ただし、日々の美肌ケアはできるだけ怠らないようにしましょうね。「花嫁オーラ」の出方が変わってくるかもしれませんよ。

このページのトップへ